スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実写版「ガッチャマン」はなぜ大コケ?

1: yomiφ ★ 2013/08/30 13:37:26

<監督の父親も過去に…>

 日活100周年、タツノコプロ50周年を記念して製作された映画「ガッチャマン」がいきなり大コケし、関係者をヤキモキさせている。

「24、25日のオープニング2日間の成績は、動員約9万人、興収が1億円ちょい。
昨年10月に製作発表してから、宣伝もバンバンしてきたのに、最終的に10億円に届くかどうか…
…目標の半分にもなりませんよ」(製作会社関係者)

 1970年代に平均視聴率21%を誇った人気アニメの実写版。懐かしいオトーサンも多いはず。
主演は松坂桃李(24)、共演に綾野剛(31)や剛力彩芽(21)と“旬”の若手も揃えた。
科学忍者隊5人分の衣装には、総額2000万円もかけたという。

 加えて、監督は佐藤東弥(54)。最近では、ドラマ「家政婦のミタ」の演出も手がけた日本テレビの“敏腕”ディレクターだ。

「佐藤氏は、映画『ごくせん THE MOVIE』や『カイジ 人生逆転ゲーム』など、ヒット作の監督もしている。そして佐藤氏の父親は、映画『人間の証明』や『野性の証明』などを
監督した佐藤純彌氏。まさにサラブレッドですよ」(映画ライター)

 コケる要素がどこにも見当たらないのだ。もちろん関係者だって全員、「飛べ飛べ飛べガッチャマン」と念じたはず。でも“飛べ”なかった。

「純彌氏も97年に、映画『北京原人 Who are you?』で大コケした過去があります。
東映が社運をかけた製作費20億円の超大作です。ただ、あまりに内容が奇抜すぎて、水野晴郎の『シベリア超特急』と並ぶカルト人気を誇っている。ま、どんな“大物”でも
コケる時はコケるわけです。〈親子の血は争えない〉なんて口さがない連中もいますが、佐藤氏も気にすることはないですよ」(前出の映画ライター)

 この先、口コミ人気が広がって興収が伸びる可能性だってある。

http://gendai.net/articles/view/geino/144285

※参考
「デビルマン」 235館 初動1億 最終5.2億

『ガッチャマン』大コケ! 加熱する剛力彩芽批判に、制作側の意外な本音
http://www.cyzowoman.com/2013/08/post_9722.html



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/30 ] エンタメ | TB(0) | CM(0)

東京国税局職員・中江侑里香容疑者、包丁所持逮捕

1: まるでTVドラマだなw ◆MKjie1uBxTaF 2013/08/30 08:18:15

http://web.archive.org/liveweb/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130830/crm13083001260002-n1.htm
神奈川県警港南署は29日、交際相手だった男性宅前で包丁を所持していたとして、銃刀法違反の疑いで東京都府中市新町、東京国税局徴収部職員の中江侑里香容疑者(25)を現行犯逮捕した。

 港南署によると、帰宅した男性(24)が「あんたの前で死んでやる」と言われ、刃物を見せられたことから逃げて通報。現場に駆け付けた署員が取り押さえた。

 逮捕容疑は、29日午後7時ごろ、横浜市港南区野庭町の男性宅前で、刃渡り19センチの包丁1本を所持していた疑い。

 中江容疑者は「刺すつもりはなかったが、話がこじれたら死ぬつもりだった」と供述している。



[ 2013/08/30 ] 事件 | TB(0) | CM(2)

「バカッター」騒動 損害賠償請求に踏み切る企業続々

1: ラダームーンサルト(チベット自治区) 2013/08/30 20:53:47 ID:ft356ewm0

http://www.j-cast.com/2013/08/30182644.html?p=all
この夏、「バカッター」騒動が各地で相次いだ。さすがに夏休みが終われば、多少は沈静化するだろう――
騒動を起こした当人たちにとってはむしろこれからが「針のむしろ」。企業からの重いペナルティーが待っている。

ステーキレストラン「ブロンコビリー」が元従業員に損害賠償を求める方針を示したことが話題を呼んだが、これに
限らず多くの「被害企業」が、「犯人」たちを厳しく追及する姿勢を見せる。

ステーキ店閉店で多額の損害賠償が…
http://www.j-cast.com/images/2013/news182644_pho01.jpg
複数の企業が「バカッター」への反撃を検討している(写真はブロンコビリーの発表文)

東京都のブロンコビリー足立梅島店の18歳従業員が、「バカッター」写真を投稿したのは2013年8月5日だ。キッチンの大型冷蔵庫に体を突っ込み、おどけた表情を浮かべた1枚はたちまちツイッター上で炎上、翌6日には店舗の休業、さらに12日には閉店が決まり、さらには、「不適切な行為を行ったアルバイト従業員に対し、本件に関する損害賠償の請求についても検討しております」という発表までもが出た。迅速かつ厳しい対応に一部では「やりすぎ」との声も上がったが、ブロンコビリー側の姿勢は揺らがない。担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「現在検討を続けている途中です。やるならば、すべてひっくるめて、という話になりますから」。ちなみに「女性セブン」の9月12日号によれば、問題の店員は「怖くて外に出られない」と、家に閉じこもっている状態だという。


関連記事
[ 2013/08/30 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

「日本人が移民先として、韓国の名前が出なかったことが、現在の日韓関係を示唆する」by李信恵

1: ボマイェ(岐阜県) 2013/08/30 20:41:34 ID:SSMcaQHe0

【韓国BBS】放射能問題が深刻化、日本人が移民するならどこ?

 韓国のコミュニティーサイト「ガセンギドットコム」の掲示板に「東アジア掲示板には
日本の放射能の話が多い」とのスレッドが立てられたところ、韓国人ネットユーザーから
さまざまなコメントが寄せられた。

 スレ主は、同サイトの東アジアに関する掲示板では、日本の福島原発事故やそれに伴う
放射能漏れ問題についてのスレッドが多いが、火のないところに煙が立たないように実際
に日本の放射能汚染は深刻化しているのではないかと指摘。
 そして、もしも最悪の事態になった場合、日本人は米国や中国、ロシア、カナダ、オース
トラリアなどに移民するのではないかと述べた。
 韓国では福島原発事故について関心が高く、放射能汚染の恐怖心から、水産物やおむつ、
ビールなどの日本産・日本製品の不買も発生している。
 韓国人のネットユーザーの反応は、一部でオーストラリアや米国などが日本人の移民を
受け入れるのではないかといった発言があったが、大半は「1億人以上いる日本人がすべて
日本を離れることは非現実的」であり、「日本人はそれでも日本を離れない」というもの
だった。(中略)

 隣国であるだけに、日本の放射能問題が他人ごとではないという人が多数見受けられ、
韓国も何か対策を講じるべきであるとの声が高まっているようだ。
 そして、日本人が移民する国として、韓国の名前が一切出なかったことも興味深く、現在
の日韓関係を示唆するような結果となった。(編集担当:李信恵・山口幸治)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0830&f=national_0830_040.shtml


関連記事
[ 2013/08/30 ] オピニオン | TB(0) | CM(0)

中国人 「なんで日本人は韓国製品を避けるの?」

1: ファルコンアロー(岡山県) 2013/08/30 21:24:25 ID:gPkgdC/C0

【中国BBS】日本人が韓国製品を避けるのは品質が悪いから?

 中国大手検索サイト百度の掲示板に「日本人が韓国製品を避けるのは品質が悪いから」という
スレッドが立てられた。スレ主は「日本では韓国製品について“安かろう悪かろう”のイメージがある」と
紹介した。

 スレ主は、サムスンのスマートフォンが世界では大きなシェアを獲得しているものの、日本市場では
苦戦していることを紹介。2013年夏の商戦ではソニーに大きく引き離され、冬商戦では重点商品の座から
外されることを挙げた。そのほか、韓国の各自動車メーカーが日本で苦戦していることを指摘したうえで、
「日本人は韓国製品に安かろう悪かろうのイメージを持っている」と述べた。

 韓国製品に対して、日本の消費者は特に「安かろう悪かろう」という印象は抱いていないと思われる。
韓国製品が日本市場で苦戦しているのは、日本市場には韓国製品にとって多くの競合製品があり、
しかもそのほとんどが日本企業の製品であるという点につきるだろう。中国製品であろうと、韓国製品
であろうと、価格が安くて質が高ければ売れるはずだ。

 スレ主の主張に対し、中国のネットユーザーからは「サムスンのスマホは安くて画面が大きいけど、
ネット接続すると全体が熱くなるんだよね。爆発するんじゃないかと怖くなる。バッテリーも持ちが悪いし、
1年もしないうちにタッチ画面が反応しなくなってきた」という報告が寄せられた。

 同スレッドでは主にスマートフォンについて議論が交わされたが、日本市場で苦戦している韓国製品の
1つに自動車が挙げられる。起亜(キア)自動車はこのほど、2013年3月に日本から撤退したと明らかに
したが、1992年に日本法人を設立して以来、日本市場で車両を1台も販売することができなかったという。
(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0830&f=national_0830_055.shtml


関連記事
[ 2013/08/30 ] アジア | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。